オリジナルTシャツを作成する前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツの出来は生地素材や厚さで決まる

オリジナルTシャツを作成する前に知っておきたいこと

Tシャツ

オリジナルTシャツの生地素材

オリジナルTシャツを作成するときは、オリジナルTシャツに使える生地素材を知っておく必要があります。Tシャツに使われる生地素材は、コットン・ドライ・鹿の子の3つが人気です。コットンは最もTシャツに使われる生地素材で、着心地がよく丈夫な点が魅力です。価格もリーズナブルなので、生地素材に悩んだらコットンを選んでおけば間違いないでしょう。次に人気の記事素材が、ドライ素材です。ポリエステルが使われている素材で、通気性が良いうえに乾くのも早いので運動時に使うTシャツに最適な素材といえます。3つ目に人気の素材は、鹿の子素材です。メッシュとも呼ばれます。ポロシャツによく使われる生地素材で、肌触りが良く通気性が良いことが特徴です。こちらも運動時のTシャツにはうってつけの素材といえます。

Tシャツの厚さを知る

Tシャツの生地には「厚さ」があります。Tシャツの厚さによって、着心地や丈夫さが変わってくるので厚さについての知識も深めておきましょう。Tシャツの厚さは「オンス」という単位で判断することができます。オンスの数が高ければ高いほどTシャツが厚く重いということになります。最も一般的なTシャツの厚さは「5.6オンス」です。薄すぎず厚すぎずのちょうど良い厚さで、型くずれしない上に重さもそれほど感じません。さらに丈夫でしっかりとした着心地が欲しい方は、5.6オンスよりも上の6オンスや7オンスのTシャツを選ぶようにしましょう。これくらい厚いと雑に扱ってもなかなか型くずれしません。逆に、夏場などにサラッと着たい方は、5.6オンスよりも薄い生地を選ぶことをオススメします。

オリジナルTシャツのプリント方法

オリジナルTシャツに使うデザインのプリント方法はいくつかあります。代表的なプリント方法の1つは、シルクスクリーンプリントです。型を作ってデザインをプリントする方法で、大量に枚数が欲しいときは一枚あたりの値段が安くなります。また、様々なインクが使用可能な点も魅力です。次に定番のプリント方法がデジタルコピー転写プリントです。デザインを反映させた専用のシートを生地に貼り付けるタイプのプリント方法になります。色の数が多くても作成費用が変わることがありません。しかし、通気性に欠けるといった弱点もあります。シルクスクリーンプリントやデジタルコピー転写プリントと並んで、インクジェットプリントも人気です。生地にそのままインクを吹きかけていくタイプのプリント方法です。色数が多いデザインにも対応でき、Tシャツの手触りも良くなります。